コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊吉宅麻呂 いきの やかまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊吉宅麻呂 いきの-やかまろ

?-? 奈良時代の官吏。
伊吉古麻呂の子。天平(てんぴょう)8年(736)遣新羅使(けんしらぎし)の一員として航海中,豊前(ぶぜん)下毛(しもつみけ)郡(大分県)分間浦(わくまのうら)に漂着。この時よんだ和歌1首が「万葉集」にみえる。のち壱岐(いき)にわたり疫病で死去。「松尾社家系図」には伊伎島司,神祇官宮主(みやじ)ともみえる。氏は伊支または雪とも,名は宅満ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊吉宅麻呂の関連キーワード伊吉古麻呂奈良時代官吏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android