伊吹童子(読み)いぶきどうじ

  • 伊吹童子 いぶきどうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近江(おうみ)伊吹山麓にすんだとされる伝説上の人物
母の胎内に33ヵ月もいて,生まれたときにはもはえそろい,言葉もはなし,大酒をのんだ。鬼子として伊吹山にすてられるが,動物にそだてられる。のち大江山にうつり,に出没して人を殺し美女財宝をうばう盗賊となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android