美女(読み)びじょ

精選版 日本国語大辞典「美女」の解説

び‐じょ ‥ヂョ【美女】

〘名〙
容姿の美しい女。びんじょ。⇔悪女
※文華秀麗集(818)上・奉拝掖庭、簡橘尚書〈小野岑守〉「美女花簪伝芳命、一言猶是粉骨情」 〔戦国策‐燕策三〕
② (「未女」とも書く。美人を使ったところからという) 召使の女。女中。非上。びんじょ。
※平松家本平家(13C前)九「二人の美女を具せられけり」

くわし‐め くはし‥【美女】

〘名〙 美しい女性。美女。くわしいも。
※古事記(712)上・歌謡「遠遠し 高志(こし)の国に 賢(さか)し女(め)を 有りと聞かして 久波志売(クハシメ)を 有りと聞こして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android