伊吹防風(読み)イブキボウフウ

大辞林 第三版の解説

いぶきぼうふう【伊吹防風】

セリ科の多年草。茎は稜りようがあり、高さ90センチメートルほど。地下茎は太い。葉は羽状複葉でニンジンに似る。夏、散形花序に白い小花をつける。近畿地方から北海道に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

伊吹防風 (イブキボウフウ)

学名:Seseli libanotis subsp.japonica
植物。セリ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぶき‐ぼうふう ‥バウフウ【伊吹防風】

〘名〙 セリ科の多年草。各地の山野の草地に生える。山地では高さ一メートルぐらいに達し、海浜では一五センチメートル内外。茎は直立して分枝し角(かど)がある。葉は羽状にこまかく裂ける。夏、白い小さな五弁花が、かさ状に集まって咲く。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報