伊東万燿(読み)いとう まんよう

美術人名辞典の解説

伊東万燿

日本画家。東京生。伊東深水の次男。名は満。父に師事。現代的な人物群像を得意とした。日月社総務・日展評議員。日展総理大臣賞・日本芸術院賞受賞。昭和45年(1970)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東万燿 いとう-まんよう

1921-1970 昭和時代の日本画家。
大正10年9月16日生まれ。伊東深水の次男。父に師事。戦後日展を中心に活躍し,昭和42年「踊る」で内閣総理大臣賞,翌年芸術院賞。日展評議員。昭和45年11月26日死去。49歳。東京出身。本名は満。作品に「高原清秋」「無言(しじま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android