無言(読み)むごん

日本大百科全書(ニッポニカ)「無言」の解説

無言
むごん

発声器官の障害や失語症でもないのに、しゃべらない状態である。緘黙(かんもく)ともいわれる。さまざまな精神疾患でみられ、統合失調症(精神分裂病)では拒絶症などを伴って出現する。うつ病では制止が強くなればとなる。その他、ヒステリー性の無言症もある。小児の場合、特定の人としかしゃべらぬことがあり、これを選択的無言という。無動無言症は脳の器質的障害でおこり、無言とは区別される。

[永田俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「無言」の解説

む‐ごん【無言】

〘名〙
① 物を言わないこと。口をきかないこと。沈黙を守ること。むげん。
※台記‐康治二年(1143)二月二七日「今日持八斎戒、依写経之事也、書写間無言」
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「参詣のともがらに十念の外は無言(ムゴン)にして」 〔論語‐陽貨〕
② 「むごん(無言)の行」の略。
※康頼宝物集(1179頃)上「金峯山の日蔵上人無言断食にて行へる間」

む‐げん【無言】

〘名〙 =むごん(無言)
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「昔の活動写真のやうな無言(ムゲン)無声のうちに進歩し活動する写真では面白くなくなって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無言」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「無言」の解説

【無言】むげん・むごん

ものいわず。〔淮南子、説山訓〕人、言無ければ(すなは)ち、言は則ち傷(やぶ)る。

字通「無」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報