コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊能 いの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊能 いの

?-? 江戸時代後期の女性。
常陸(ひたち)(茨城県)久慈郡天下野(けがの)村の木下軍治の妻。天保(てんぽう)11年(1840)夫が貸金の取りたてをめぐり与次右衛門に殺される。ふたりの子をそだて,17年後の安政3年陸奥(むつ)磐前郡(福島県)で仇(あだ)を討った。姓は橋本ともつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いのう【伊能】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伊能の関連キーワード千葉県山武郡九十九里町小関大日本沿海輿地全図大利根県立自然公園千葉県香取市佐原イ東京都台東区東上野大日本沿海実測録ボウケンブラック伊能忠敬記念館シーボルト事件吉見長左衛門奥村喜三郎伊能忠敬墓浣花洗剣録岩橋善兵衛大谷 亮吉小笠原良知青柳種信山瀬佐蔵神山魚貫長瀬富郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊能の関連情報