コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良部県立自然公園 いらぶけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊良部県立自然公園
いらぶけんりつしぜんこうえん

沖縄県宮古諸島の伊良部島下地島およびその周辺海域から成る自然公園。面積 57.39km2 (内陸域は 34.15km2) 。 1995年指定。隆起サンゴ礁の海食崖や岩礁から成る地域で,下地島には県の天然記念物である通り池をはじめ,鍾乳洞が崩壊してできた池が散在する。テリハクサトベラやアダンなど珍しい植物がみられるほか,両島の間の入り江はマングローブが生育する干潟となっている。白鳥崎から佐良浜へかけての急崖地形,細かな白い砂で知られる渡久地の浜,無数の転石と白砂・サンゴ礁が織りなす変化で有名な佐和田の海,県の天然記念物である国仲御嶽など,景勝地,名所が多い。国際保護鳥サシバが大量に飛来する島としても知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

伊良部県立自然公園の関連キーワード宮古島(市)天然記念物宮古島市沖縄県伊良部海食崖佐良浜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android