佐和田(読み)さわた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐和田
さわた

新潟県佐渡島佐渡市中部の旧町域。国中平野の南西端,真野湾に臨む。1954年河原田町,沢根町,二宮村,八幡村が合体して町制。2004年両津市はじめ 1市 6町 2村と合体し,佐渡市となった。中心集落の河原田は慶長9(1604)年大久保長安相川奉行所を置くまで,中世から佐渡島の政治,経済,文化の中心地であった。今日でも離島開発総合センターが置かれ,佐渡広域経済圏の中心の一つ。西部の沢根は,江戸時代金輸送路の宿場町として繁栄したが,今日では農・漁業を営む。東部の八幡は佐渡博物館,砂丘地での野菜,花卉の栽培で知られる。また,高浜は海水浴場として有名。区域の一部は佐渡弥彦米山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐和田
さわた

新潟県佐渡郡(さどぐん)にあった旧町名(佐和田町(まち))。現在は佐渡市の南西部を占める一地区。1954年(昭和29)河原田(かわはらだ)町を中心に、沢根(さわね)町、二宮(にくう)村、八幡(やはた)村の2町2村が合併して、古い雑太(さわた)郡の郡名をとって佐和田町と改称。さらに2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、畑野(はたの)町、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村と合併して佐渡市となる。旧佐和田町は真野湾(まのわん)岸にある国中平野(くになかへいや)の中心町。佐渡島の南西部に位置する。中世、佐渡国の地頭職(じとうしき)であった本間佐渡守(ほんまさどのかみ)の居城獅子(しし)ヶ城は、県立佐渡高校の校地になっている。中心の河原田地区は、両津港からの大佐渡回りと小佐渡回りのバス交通の要衝で、島の買い物商店街でにぎわい、佐渡広域圏の経済上の中心になっている。また、海水浴場もある。南西部の沢根は古い港町で銅器の特産があり、南東の八幡は砂丘畑を利用した島の野菜産地で、佐渡博物館や観光ホテルがある。山麓(さんろく)の二宮には実相(じっそう)寺、妙照(みょうしょう)寺などの日蓮(にちれん)にちなむ遺跡が多く、金北(きんぽく)山麓には乙和(おとわ)池もある。[山崎久雄]
『『佐和田町史 通史編』全3巻(1988~2001・佐和田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐和田の関連情報