コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良部島 いらぶじま

5件 の用語解説(伊良部島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊良部島
いらぶじま

沖縄県西部,那覇市から約 300km,宮古島の西方約 5kmにある石灰岩の島。宮古島市に属する。北西-南東を 8km強の長軸とする長円形で,南西に幅数十m,長さ約 3kmの水路を隔てて属島の下地島がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いらぶじま【伊良部島】

沖縄県宮古郡に属する島。面積30.4km2。宮古島の西方約7kmに位置し,隣接する下地(しもじ)島をあわせて伊良部町を形成する。同町の人口は7145(1995)。全島琉球石灰岩で覆われ,北の海岸は急崖をなし,南に向かって緩傾斜する。伊良部,仲地,国仲,長浜,佐和田,および佐良浜と総称される前里添,池間添の7集落からなる。古くからの伊良部のほかは,近世に首里王府の政策により発生した集落である。池間島からの分村に由来する佐良浜集落は,県下でも著名なカツオ漁を中心とした漁村で,ミクロネシアなどの南方海域への漁業出稼者も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いらぶじま【伊良部島】

沖縄県中部、宮古諸島に属し、楕円形で低平な隆起サンゴ礁の島。サトウキビ栽培が中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕伊良部島(いらぶじま)


沖縄県宮古(みやこ)列島、宮古島の西方にある島。面積29.1km2。宮古島・下地(しもじ)島とともに宮古島市をなす。最高点が標高89mの低平な隆起珊瑚礁(りゅうきさんごしょう)の島。西隣の下地島との間に狭い水路が通じ、6本の橋で結ばれる。東岸の佐良浜(さらはま)港はミクロネシア海域でのカツオ一本釣り漁の基地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊良部島
いらぶじま

沖縄県宮古(みやこ)島の西方5キロメートルの海上にある島。宮古列島の一つ。面積29.05平方キロメートル。宮古島市に属する。旧伊良部町の主島であった。全島が琉球(りゅうきゅう)石灰岩で覆われる低平な海岸段丘からなる島で、最高点で89メートル。西隣の下地(しもじ)島とは細長い海峡状の水路に渡された6本の橋で結ばれ、両島は裾礁(きょしょう)のサンゴ礁で取り巻かれている。下地島のほぼ全域と周辺海域とともに伊良部県立自然公園に指定される。人口6003(2009)。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊良部島の関連キーワード伊良部[町]沖縄県宮古島市伊良部沖縄県宮古島市上野沖縄県宮古島市城辺沖縄県宮古郡多良間村塩川沖縄県宮古島市下地沖縄県宮古郡多良間村仲筋沖縄県宮古島市平良西原沖縄県宮古郡沖縄県宮古郡多良間村水納

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊良部島の関連情報