伊藤 清蔵(読み)イトウ キヨゾウ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 清蔵
イトウ キヨゾウ

明治〜昭和期の農業経営学者,実業家 アルゼンチンの大牧場主。



生年
明治8年3月25日(1875年)

没年
昭和16(1941)年11月15日

出生地
山形県

学歴〔年〕
札幌農学校〔明治33年〕卒,ボストン大学

経歴
明治25年札幌農学校に入学、新渡戸稲造教授の思想に影響を受ける。卒業後、母校の助教授や盛岡高農教授を務め、農業経営学を講じる。42年広大な農地を持つアルゼンチンに移住し牧場を経営。第一次大戦による好景気に乗って成功し、計7500町歩の大牧場主となる。同地農業近代化に努め、昭和7年にはパンパス草原に模範農場・富士牧場を創設。海外雄飛の夢を駆り立てるシンボル的存在だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android