伊藤 鷗二(読み)イトウ オウジ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の俳人



生年
明治24(1891)年4月23日

没年
昭和43(1968)年12月30日

出生地
東京市日本橋区浜町

本名
伊藤 秀次(イトウ ヒデジ)

別名
前号=花酔

学歴〔年〕
早稲田実業卒,日本大学法科中退

経歴
早稲田実業卒業後、日本勧業銀行に勤めたが、間もなく生家酒屋(老舗「伊勢藤」)を継ぐ。戦争中は旧制―高職員、戦後は「邦楽新聞」の発行に携わる。明治40年頃から句作をはじめ、「春泥」「春蘭」などの同人を経て、「渋柿」「若葉」に参加。句集に昭和10年刊行の「鷗二句集」や俳論集「鷗二俳論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android