伊藤恵(読み)いとう けい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤恵 いとう-けい

1959- 昭和後期-平成時代のピアニスト。
昭和34年1月6日生まれ。3歳からピアノをはじめ,幼少より有賀和子(現・桐朋学園大名誉教授)の指導をうける。桐朋女子高を卒業後,ザルツブルグ・モーツァルテウム音大,ハノーバー音大でハンス・ライグラフに師事。エピナール国際コンクール,ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際音楽コンクール,ロン・ティボー国際コンクールなどで入賞を重ね,昭和58年にはミュンヘン国際音楽コンクールピアノ部門で日本人として初めて優勝した。平成15年東京芸大助教授,23年同教授。桐朋学園大特任教授もつとめる。シューマンの演奏で知られ,19年シューマン・ピアノ曲全曲録音完成記念コンサートをおこなう。愛知県出身。本名は松田恵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤恵の関連情報