伊藤清蔵(読み)いとう きよぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤清蔵 いとう-きよぞう

1875-1941 明治-昭和時代前期の農学者,牧場経営者。
明治8年3月25日生まれ。農業経営学を専攻し,母校札幌農学校の助教授となる。ドイツ留学後,盛岡高農教授。明治42年アルゼンチンにわたって約8000haの富士牧場をひらき,日本人のアルゼンチン移住の先駆者となった。昭和16年11月15日死去。67歳。山形県出身。著作に「南米に農牧三十年」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android