コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤裕司 いとう ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤裕司 いとう-ひろし

1930- 昭和後期-平成時代の漆芸家。
昭和5年9月3日生まれ。山崎覚太郎に師事。昭和28年「山海譜」で日展初入選。39年「触」で日本現代工芸美術展初入選。京蒔絵(きょうまきえ)を習得し,色漆(うるし)を主な素材にした作品を発表している。平成16年「スサノオ聚抄(しゅうしょう)」で芸術院賞。23年芸術院会員。京都出身。日吉ヶ丘高卒。本名は裕允(ひろのぶ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤裕司の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android