コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆利彦 いず としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊豆利彦 いず-としひこ

1926- 昭和後期-平成時代の国文学者。
大正15年11月10日生まれ。昭和44年横浜市立大教授。54年「日本近代文学研究」をあらわし,また夏目漱石の作品論「虞美人草の世界」などで新しい見方を示す。福岡県出身。東大卒。著作に「日本の文学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊豆利彦の関連キーワードコップ(日本プロレタリア文化連盟)播州平野(宮本百合子の小説)プロレタリア文学民主主義文学宮本百合子霜多正次西野辰吉岩上順一伸子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android