伊賀理命(読み)いかりのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀理命 いかりのみこと

古代伝承上の豪族
常陸国風土記(ひたちのくにふどき)」逸文によれば,景行天皇の常陸浮島(茨城県稲敷郡)行幸のおり,(みさご)の声をきいた天皇に命じられて,それを網でとった。よろこんだ天皇から鳥取の氏をあたえられた。「高橋氏文」にみえる磐鹿六獦()命(いわかむつかりのみこと)と同一人物ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android