コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀饅頭 いがまんじゅう

1件 の用語解説(伊賀饅頭の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いがまんじゅう【伊賀饅頭】


愛知県三河地方の郷土菓子で、米粉を蒸してついた生地で小豆のこしあんを包み、上部に薄紅・緑・黄色に着色したもち米をのせて蒸したもの。桃の節句に作られる。◇三重県伊賀地方で作られたからとも、上にのせたもち米がいがぐりのいがに似ているからともいわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊賀饅頭の関連キーワード那智黒蒸し菓子蒸し物笹団子三河万歳蒸菓子雪餅くず餅豆打餅炒粉餅/煎粉餅

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone