伊邪那美命・伊弉冉尊(読み)いざなみのみこと

精選版 日本国語大辞典の解説

いざなみ‐の‐みこと【伊邪那美命・伊弉冉尊】

記紀などに見える神。伊邪那岐命とともに国生みを行なった女神。神代七代の最後の神。「古事記」では火の神迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだとき火傷して死に、黄泉国(よもつくに)の神となった。しかし、「日本書紀」では死は語られず、伊弉諾尊とともに日神・月神・素戔嗚尊を生んだとされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android