月神(読み)げっしん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月神
げっしん

月を人格化した神。月に住んで夜の世界を支配し、馬車や舟などを乗り物として天界を旅する存在である。日神(にっしん)がとかく王権や支配者層と結び付くのに対し、月神は寿命や性、繁殖、豊饒(ほうじょう)、庶民層と結び付いている。月神の性別は民族、風土、時代によって多少異なるが、一般に未開の非農耕民には男神が多く、文明民族には女神が多い。また月面に現れる陰影はしばしばこの月神そのもの、もしくはこれと関係する動物(ウサギ、ヒキガエルなど)や植物(カツラなど)の姿とされた。月光の青白い色が水を連想させることから、月と雨や露、河川や井泉、海潮などとの結び付きが信じられ、月神はしばしば豊饒の神とされる。アジア・ヨーロッパに広くみられる「月の水汲(みずくみ)人」の俗信は、月神が雨露をもたらすという信仰から由来しており、月の陰影は、ある人物が器を持って水を汲(く)もうとしている姿であるとしている。さらに、月の盈虚(えいきょ)(満ち欠け)はその死と蘇生(そせい)であると観じられ、その周期性は暦法と結び付けられた。日本の月神である月読命(つきよみのみこと)が保食神(うけもちのかみ)を殺し、その死体から五穀が生じたという神話は、月と農耕との結び付きを表しており、類似のモチーフをもつこのハイヌウェレ型神話は未開民族にもみられる。[松前 健]
『石田英一郎著『桃太郎の母』(1956・法政大学出版局) ▽A・イェンゼン著、大林太良他訳『殺された女神』(1977・弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がち‐じん グヮチ‥【月神】

(「がちじんてん(月神天)」の略) =がってんし(月天子)
※諸神本懐集(1324)本「そののち、くにのうちにぬしなからんやとて、御子をまうけたまへり。日神月神(クヮチシン)これなり。〈略〉月神(クヮチシン)といふは素盞烏尊なり」

がつ‐じん グヮツ‥【月神】

〘名〙 月の神。特に、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を、日神である天照大神(あまてらすおおみかみ)に対していうことがある。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の月神の言及

【嫦娥】より

…中国神話にみえる月神。常娥,常羲(じようぎ)などとも書く。…

※「月神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月神の関連情報