コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊香刀美妻 いかとみの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊香刀美妻 いかとみの-つま

羽衣(はごろも)伝説の天女
近江国(おうみのくに)風土記逸文によると,近江(滋賀県)伊香郡与胡郷の伊香(いかご)の小江(おえ)(余呉湖)に天女8人がくだり,水浴していた。末の天女は伊香刀美に羽衣をぬすまれたために天にかえれず彼の妻となる。意美志留(おみしる),那志登美(なしとみ),伊是理比咩(いせりひめ),奈是理比売(なせりひめ)の2男2女を生んだという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android