八房(読み)ヤツブサ

  • やつふさ
  • 八房 (ヤツブサ)

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸後期の読本、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」に登場する犬の名。
〘名〙
① 八つの房になっていること。多くの実が房状をしているもの。
② トウガラシの栽培品種。高さ約六〇センチメートル。葉は枝の先端に集まってつき、果実も枝の先端に密集して直立する。果実を食用や辛味料にするため栽培される。てんじくまもり。てんじょうまもり。《季・秋》
※雑俳・柳多留‐八二(1825)「四谷の八(やツ)房日光へ歩にとられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八房の言及

【トウガラシ(唐辛子)】より

…その後,系統選抜,交雑育種が行われてきたが,昭和40年代以降,甘味種(ピーマン)の栽培の増加とは逆に,辛味種の栽培面積は減少し,育種もほとんど行われていない。辛味種の代表的な品種は鷹の爪(つめ),栃木三鷹,八房などで,葉トウガラシ用として伏見辛などがある。 世界各地で栽培されているため,トウガラシの品種群(変種)をどのようにまとめるかについては異なった意見がある。…

※「八房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八房の関連情報