コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見翁 ふしみのおきな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏見翁 ふしみのおきな

?-? 奈良時代の隠者。
一説に天竺(てんじく)(インド)の人。大和菅原寺(奈良市喜光寺)そばの伏見岡にすみ,3年ものをいわず起きず,ときおり頭をあげて東方に目をむけた。天平(てんぴょう)8年(736)行基が菅原寺に菩提僊那(ぼだい-せんな)をむかえたとき,寺にはいって3人で舞をまったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伏見翁の関連キーワード奈良時代隠者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android