休止符を打つ(読み)きゅうしふをうつ

精選版 日本国語大辞典「休止符を打つ」の解説

きゅうしふ【休止符】 を 打(う)

物事一段落をつける。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「今日半日のモヤモヤした浮き上った気持ちはこんな事でもなければ休止符が打てなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「休止符を打つ」の解説

休止符きゅうしふ・つ

進行していたことに一応の区切りをつける。一段落をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android