休止符(読み)きゅうしふ(英語表記)rest

翻訳|rest

百科事典マイペディアの解説

休止符【きゅうしふ】

楽譜上で,音のない場所とその相対的な長さを示す記号。→音符

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうしふ【休止符】

音符の一。楽曲の途中での音の一時的な休止を示す符号。休符。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

休止符
きゅうしふ

音楽を音の流れとしてとらえる場合、音の出ていない時間を休止といい、その長さ(時価)を表す記号を休止符、または休符という。休止は楽曲中の音のない時間であっても、けっしてそこで音楽の流れが停止しているのではない。休止はフレーズの切れ目や途中で用いられ、切れ目で用いられる場合は次のフレーズへの期待をもたせる連続性の効果があり、途中で用いられる場合は一瞬の空白による緊張の高揚の効果がある。
 この休止を示す休止符はその時価によって分類されるが、その名称は同じ時価をもつ音符に準じている。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休止符の関連情報