コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会通河(読み)かいつうが(英語表記)Hui-tong-he; Hui-t`ung-ho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会通河
かいつうが
Hui-tong-he; Hui-t`ung-ho

中国の大運河の一部で,山東省臨清から東平にいたる全長約 130kmの運河の名。フビライ・ハンにより 13世紀末に開かれ,次いで 15世紀初め明の永楽帝がさらに大規模な浚渫工事を行なった。江南から北京への輸送米は年間 400万石にも及び,南北交通史上重要な役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の会通河の言及

【漕運】より

…元が大都(今の北京)に都を定めると,運河道を安定させるため種々の方策を講じたが,結局つぎのような水路が確立した。長江以南の江南河,その北から黄河(当時黄河が南流して淮河に入った)に至る揚州運河は旧来のとおりだが,その北に会通河を開いて御河(ぎよか)(衛河)に連絡し,直沽(ちよくこ)(今の天津)から通恵河によって通州に至り北京に達する運河系統が成立した。輸送には官運と民運とが併用されたが,会通河の通行が不便なため,長江口から直沽に至る海運に主力がおかれるようになった。…

【大運河】より

…御河とは隋・唐の永済渠に当たり,淇門からのちは臨清を経て直沽(天津市)より大都に向かったのである。 南北に貫通する運河系統は,1283年(至元20)から92年にかけ,済州河,会通河,通恵河の3区間に分けて開かれた。第1の済州河は83年に開かれたもので,徐州の北の茶城から北西に向かい,済州(山東省済寧市)を経て須城県(山東省東平県)の安山に達し大清河(済水の故道)に連絡したのである。…

※「会通河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android