コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨清 りんせいLín qīng

2件 の用語解説(臨清の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんせい【臨清 Lín qīng】

中国,山東省北西部,聊城(りようじよう)地区の河北省界にある市。人口69万(1994)。黄河下流平野の中央にあり,大運河(会通河,また汶河(ぶんが)という)と衛河(永済渠)が合する地点に位置し,華北の交通の要衝であった。黄河のはんらんによる荒廃や流路の変動で,土地条件が不安定なため,県城の移転,所属の変更がしばしばあったが,北魏に漢以来存在していた清淵県の一部を割いて臨清県が設けられた。元に会通河が設けられてより,北京への漕運の要衝として発達し,明には県を廃して州に昇格し清にいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨清
りんせい / リンチン

中国、山東省北西部、河北省に接する市。華北平原の中央部を占め、大運河と衛河(えいが)の合流点に位置する。人口71万3877(2000)。古来、山東、河南両省と河北省を結ぶ物資集散地として発展し、明(みん)代には倉庫や税徴収所も置かれた。黄河流域の綿花栽培の主産地の一つで、ラッカセイ、小麦も産する。皮革細工、フェルトなどの伝統的手工業のほか、近年、農業機械、化学肥料などの工業も発達している。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone