伝奇的(読み)でんきてき

大辞林 第三版の解説

でんきてき【伝奇的】

( 形動 )
空想的・幻想的であるさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でんき‐てき【伝奇的】

〘形動〙 怪奇・幻想に富んでいるさま。空想的・夢幻的な傾向のあるさま。
※文明批評家としての文学者(1901)〈高山樗牛〉七「傍話中に多少の伝奇的分子あるを外にして世間平凡の事例に外ならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android