コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山樗牛 たかやま ちょぎゅう

9件 の用語解説(高山樗牛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高山樗牛

評論家。山形県生。本名は林次郎。東大卒。大学在学中、歴史小説滝口入道』が「読売新聞」の懸賞に当選、一躍有名になったが、以後は小説の筆を執らなかった。早大・東大の教壇に立つと共に旺盛な評論活動を続けた。明治35年(1902)歿、31才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかやま‐ちょぎゅう〔‐チヨギウ〕【高山樗牛】

[1871~1902]評論家。山形の生まれ。本名、林次郎。東大在学中に小説「滝口入道」を発表し、「帝国文学」発刊に参加。「太陽」を主宰。日本主義を唱えた。のちニーチェの思想を賛美し、晩年は日蓮に傾倒した。著「美的生活を論ず」「わが袖の記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高山樗牛【たかやまちょぎゅう】

明治期の美学者,文芸評論家。山形県鶴岡の酒井藩士の子。本名斎藤林次郎。のち高山家の養子。東大哲学科卒。在学中歴史小説《滝口入道》を発表して認められる。1895年《帝国文学》を創刊,1897年《太陽》の主幹を務め,日清戦争後の国家主義高揚の中で日本主義を主張して国民文学を高唱。
→関連項目姉崎正治笹川臨風社会小説登張竹風ロマン主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山樗牛 たかやま-ちょぎゅう

1871-1902 明治時代の文学者,評論家。
明治4年1月10日生まれ。帝国大学在学中に小説「滝口入道」が懸賞入選。卒業後,雑誌「太陽」の主幹となる。はじめ日本主義をとなえたが,ニーチェの影響をうけて美的生活の提唱,さらに日蓮への傾倒へとかわった。明治35年12月24日死去。32歳。羽前(うぜん)(山形県)出身。旧姓は斎藤。本名は林次郎。筆名はほかに高斎林良,林斧太。著作に「美的生活を論ず」など。
【格言など】己れの立てるところを深く掘れ,そこには必ず泉あらん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高山樗牛

没年:明治35.12.24(1902)
生年:明治4.1.10(1871.2.28)
明治期の評論家,ジャーナリスト。本名は林次郎。山形県西田川郡高畑町(鶴岡市)に旧庄内藩士斎藤親信,芳の次男として生まれ,2歳のときに父方の伯父高山家の養子となる。少年期から投書雑誌穎才新誌』や地元新聞に投稿するなど文才を発揮した。明治20(1887)年第二高等学校入学,26年帝大哲学科に入学。在学中,『読売新聞』の懸賞募集に「滝口入道」を応募し,当選。また帝大文科大学の帝国文学会機関誌『帝国文学』や博文館の雑誌『太陽』などに,それまでの戯作を批判し理想主義的文学を高く評価する評論を次々と発表し,注目を集めた。29年大学卒業と同時に二高教授に就任し,一時,中央論壇から離れたが,評論への志望は強く,二高教授を辞職,30年再び『太陽』文芸欄に復帰した。この時期の彼の評論は,国家を至上の人格的存在ととらえ,それを自我の独立と直結する国家主義,日本主義を高唱するものであったが,折から日清戦争(1894~95)後の国威発揚の社会風潮もあって,論壇を領導した。30年には木村鷹太郎らと大日本協会を起こし,機関誌『日本主義』を創刊した。しかし33年喀血し,病気療養に努めるころからニーチェに傾倒し,ニーチェを天才主義の文明評論家として解釈し礼賛する評論「文明批評家としての文学者」「美的生活を論ず」などを発表し,大きな反響を引き起こした。特に,自己の内面に沈潜する傾向を強めていた青年学生層に人気を博した。彼の天才主義,主我主義は,日蓮上人崇拝に進み,日蓮を絶対的な予言者に見立てた。彼は常に時代思潮に鋭敏で,巧みにそれを先取りし,華麗で辛辣な文体で表現し,賛否両論を巻き起こした。明治期の論壇・文壇を象徴する評論家である。<著作>『樗牛全集』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たかやまちょぎゅう【高山樗牛】

1871‐1902(明治4‐35)
明治期の美学者,倫理学者,文芸評論家。山形県鶴岡生れ。本名林次郎。旧姓斎藤,幼いとき高山家へ入籍。第二高等中学(後の第二高等学校)を経て1896年東京帝大文科大学哲学科を卒業。94年在学中《読売新聞》の懸賞小説に《平家物語》に材を取った悲恋物語《滝口入道》が入選し注目されたが,樗牛自身は学問の活性化をめざしてエッセイストの道を選んだ。96年第二高等学校教授となったが,翌年辞任して博文館に入社,雑誌《太陽》の主筆として,鋭い批評文を精力的に書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかやまちょぎゅう【高山樗牛】

1871~1902) 評論家。山形県生まれ。本名、林次郎。「太陽」を中心に明治中期の論壇で活躍。「美的生活を論ず」で本能満足主義を主張、浪漫主義宣言として反響を呼んだ。代表作「滝口入道」「時代管見」「文芸評論」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山樗牛
たかやまちょぎゅう

[生]明治4(1871).1.10. 鶴岡
[没]1902.12.24. 平塚
明治の評論家,思想家。本名は林次郎,別に林斧太,高斎林良と号した。父は斎藤親信。叔父高山久平の養子として育ち,1888年第二高等学校に入学,その頃から文才を示した。 93年東京帝国大学に入学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山樗牛
たかやまちょぎゅう
(1871―1902)

明治時代の思想家、評論家。明治4年1月10日、羽前(うぜん)国西田川(にしたがわ)郡高畑町(山形県鶴岡市)に庄内(しょうない)藩士斎藤親信(さいとうちかのぶ)の二男として生まれる。本名は林次郎。2歳のとき父の兄高山久平の養子となる。官吏であった養父の転任に従って、山形、福島と移り、1886年(明治19)に上京、東京英語学校に入学した。彼はその短い生涯において、「浪漫(ろうまん)主義」「日本主義」「個人主義」と思想を三変させた。しかし、その死の直後に桑木厳翼(くわきげんよく)が、樗牛の「煩悶(はんもん)は一貫して一つの問題に触れて居(い)」た、それは「人生問題と云(い)ふものゝ解決であつた」と述べているように、変転する彼の思想遍歴のうちに新しい時代の刻印をはっきりと見て取ることができる。
 仙台の第二高等中学校に入学した樗牛は、1891年有志と語らって『文学会雑誌』を創刊し数編の論文を載せた。そこには、人生への懐疑、文学への志向などすでに浪漫主義のモチーフがみられる。1893年帝国大学哲学科に入学した樗牛は、小説『滝口入道』(1894)を発表する一方、上田敏(うえだびん)、姉崎嘲風(あねさきちょうふう)(姉崎正治(まさはる))らと『帝国文学』(1895)の創刊に加わり、近松文学に託して自らの思いを吐露した。それによれば「愛」こそ「人生に対しては幸福の最大なる源」であり、「情死」こそ「幸福なる愛の最後」であった。
 1897年雑誌『太陽』の主筆となった樗牛は、やがて「日本主義」を唱え国家至上主義を説くに至る。しかし彼は、あくまでも「人生の目的は幸福にあり」、国家は「幸福を実現する方法」であるとしており、単純な国家主義とは一線を画している。1900年(明治33)、欧州留学を目前にして樗牛は突如、血を吐いて倒れた。以後、彼の思想は国家至上主義から一転して、「美的生活を論ず」(1901)、「日蓮上人(にちれんしょうにん)とは如何(いか)なる人ぞ」(1902)など、いずれも、すべてに優先する個人の価値を高唱したものであった。そしてニーチェの思想を賛美し、強烈な「超人」的な個性に傾倒していった。この「晩年の叫び」が後の世代に大きな影響を与えたのである。[渡辺和靖]
『『滝口入道』(岩波文庫) ▽渡辺和靖著『明治思想史』(1978/増補版・1985・ぺりかん社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高山樗牛の言及

【ショーペンハウアー】より

…彼の哲学は単なる人生論哲学にとどまるものではなく,意志を根源的存在と見るライプニッツ,カントの主意主義を受けつぎ,ニーチェの〈力への意志〉の哲学を準備するものとして,ドイツ形而上学の伝統に確固たる位置を占めるものである。なお,ショーペンハウアーの哲学は日本でも1892年に高山樗牛の《厭世論》によってはじめて一般に紹介され,1910‐12年姉崎正治による主著の翻訳《意志と現識としての世界》が出されて以来,大正から昭和にかけて,むしろ学生や一般の読書人によって,ニーチェとともに人生論哲学の書として熱心に読みつがれてきた。【木田 元】。…

【ニーチェ】より

…ナチスがニーチェを政治的に悪用したこともあって,第2次大戦後は一時期タブー視されていたが,ようやくフランスでのニーチェ受容をきっかけにして,今日ポスト構造主義的な読まれ方がドイツでも行われはじめている。 日本ではすでに1901年に高山樗牛が,《太陽》掲載論文《美的生活を論ず》の中でニーチェを持ち上げて以来,特に《ツァラトゥストラ》が,やがては《人間的な,あまりに人間的な》などのアフォリズム群が広く読まれはじめた。13年に出た和辻哲郎の《ニイチェ研究》は当時としては世界的に見てもきわめてすぐれた解釈である。…

※「高山樗牛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高山樗牛の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議Wilson,J.(ジャーナリスト)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高山樗牛の関連情報