伴野氏(読み)とものうじ

世界大百科事典 第2版の解説

とものうじ【伴野氏】

鎌倉時代から戦国時代にかけて信濃国佐久郡伴野荘(長野県佐久市野沢,中込付近)を中心に勢力を張った武士。伴野氏は,甲斐源氏小笠原長清が鎌倉幕府草創期に伴野荘地頭となり,その後六男時長がこれを相伝したことに始まる。時長は名手であったらしく,《吾妻鏡》には弓始等の射手として名をとどめる。時長のあと時直,長泰と伴野荘地頭職を継承した。1285年(弘安8)長泰は弘安合戦(霜月騒動)に連座して誅せられ,伴野氏は没落した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android