伴野氏(読み)とものうじ

世界大百科事典 第2版「伴野氏」の解説

とものうじ【伴野氏】

鎌倉時代から戦国時代にかけて信濃国佐久郡伴野荘(長野県佐久市野沢,中込付近)を中心に勢力を張った武士。伴野氏は,甲斐源氏小笠原長清が鎌倉幕府草創期に伴野荘地頭となり,その後六男時長がこれを相伝したことに始まる。時長は名手であったらしく,《吾妻鏡》には弓始等の射手として名をとどめる。時長のあと時直,長泰と伴野荘地頭職を継承した。1285年(弘安8)長泰は弘安合戦(霜月騒動)に連座して誅せられ,伴野氏は没落した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android