コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴野荘(読み)ともののしょう

百科事典マイペディアの解説

伴野荘【ともののしょう】

現在の長野県佐久(さく)市野沢を中心とし,同県南佐久郡全域に郷村が散在した荘園。12世紀後半後白河院領として立荘され,後鳥羽院領を経て1302年に室町院領となったのち,持明院統(じみょういんとう)に伝領された。領家職藤原基家地頭職小笠原氏伴野氏)であった。鎌倉後期伴野氏の没落により地頭職は北条氏に移った。1330年領家職が大徳寺に寄進され,地頭職も鎌倉幕府の滅亡により後醍醐天皇から大徳寺へ寄進された。1335年の年貢注文によると24ヵ郷を数え,大徳寺への年貢はおよそ7600貫文。1279年の冬,一遍が当地内の伴野市を訪れている。なお伊那谷南部,現在の長野県豊丘(とよおか)村伴野を中心とする地域にも同名の荘園があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ともののしょう【伴野荘】

現長野県佐久市野沢を中心とした地域にあった荘園。鎌倉時代初頭,院領であったことが《吾妻鏡》により知られる。この当時の領家職は藤原基家,地頭職は小笠原氏(伴野氏)であった。鎌倉後期伴野氏の没落により地頭職は北条氏の手に移った。1330年(元徳2)領家職が大徳寺へ寄進され,さらに,鎌倉幕府の滅亡により,北条氏の有していた地頭職も,後醍醐天皇から大徳寺へ寄進された。35年(建武2)の《大徳寺文書》によると,大徳寺への年貢はおよそ8000貫文あった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android