コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴野荘 ともののしょう

百科事典マイペディアの解説

伴野荘【ともののしょう】

現在の長野県佐久(さく)市野沢を中心とし,同県南佐久郡全域に郷村が散在した荘園。12世紀後半後白河院領として立荘され,後鳥羽院領を経て1302年に室町院領となったのち,持明院統(じみょういんとう)に伝領された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ともののしょう【伴野荘】

現長野県佐久市野沢を中心とした地域にあった荘園。鎌倉時代初頭,院領であったことが《吾妻鏡》により知られる。この当時の領家職藤原基家地頭職小笠原氏(伴野氏)であった。鎌倉後期伴野氏の没落により地頭職は北条氏の手に移った。1330年(元徳2)領家職が大徳寺へ寄進され,さらに,鎌倉幕府の滅亡により,北条氏の有していた地頭職も,後醍醐天皇から大徳寺へ寄進された。35年(建武2)の《大徳寺文書》によると,大徳寺への年貢はおよそ8000貫文あった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

伴野荘の関連キーワード小笠原長清佐久[市]小笠原

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android