位相のずれ(読み)いそうのずれ(英語表記)phase shift

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位相のずれ
いそうのずれ
phase shift

量子力学で中心力による散乱を扱う場合に重要な量。散乱波が軌道角運動量を表わす量子数の異なるいろいろな波 (部分波) からできていると考えるとき (→部分波展開 ) ,各部分波の外向波の位相と入射波の位相との差を位相のずれという。一般に,位相のずれが正なら引力,負なら斥力に対応する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android