コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散乱波 さんらんはscattering wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散乱波
さんらんは
scattering wave

散乱によって生じた波で,通常は球面波である。量子力学ではたとえば標的を原点,入射波の進行方向を z 軸として極座標 を考えると,波動関数の十分遠方での形 (漸近形) は となり,第1項が入射平面波,第2項が散乱波を表わす。係数 散乱振幅である。2粒子の弾性散乱はポテンシャル V による散乱と考えることができるが,V が球対称 (中心力) の場合には,角運動量が保存される。波動関数 ψ(r) を方位量子数 l についてルジャンドル多項式 (→ルジャンドルの関数 ) Pl( cos θ) で展開し ψ(r)=Σψl(r)Pl( cos θ) とするとき,l=0 に対する部分波がS波,l=1 に対する部分波がP波である。低エネルギーでは,散乱は l が小さい状態,特にS波でおもに起る。散乱波の十分遠方での位相を実験的に決定することは,入射粒子の標的から受ける相互作用ポテンシャルを知るための手掛りとして重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の散乱波の言及

【散乱波通信】より

…電波が対流圏や電離層に入射したときに乱反射したものを散乱波といい,この散乱波を利用して行う通信。散乱された電波のエネルギーは微弱であるが,高感度の受信機によって遠距離まで通信できる。…

※「散乱波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

散乱波の関連キーワードトムソンの公式(散乱強度)ローゼンタール発振ルジャンドル多項式クライン=仁科の式超水平線レーダブリュアン散乱散乱振幅の式トムソン散乱ルジャンドル衛星海洋学中性子散乱電子線回折位相のずれ部分波展開散乱波通信測風気球多重散乱音の散乱X線回折因果律

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android