コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低位株 ていいかぶ

3件 の用語解説(低位株の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

低位株

株価が市場全体の価格に比べ低い株式のこと。一般的には、1000株当たり500円以下の銘柄を指し、同100円以下の株を「超低位株」という。それぞれ50万円、10万円以下で購入できる。一方、2001年の商法改正で売買単位の変更が自由になり、少額の資金で株式を購入できるようになった。1株当たり純資産額5万円以上の規制が撤廃され、1単元(最低株式単位)の株数を発行会社が任意に決めることが可能となり、単位株の引き下げが相次ぎ、最低購入単位が50万円以下で購入できる銘柄が増えた。これらは低金額で購入できるが、「低位株」ではない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていい‐かぶ〔テイヰ‐〕【低位株】

株価水準の低い株。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ていいかぶ【低位株】

相場全体の水準からみて、価格の低い株。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低位株の関連キーワードベータ値PER株価指数特定銘柄東証株価指数(TOPIX)株価変動リスク価格変動リスクパリティ価格株価収益率 PER類似会社比準価格算定方式

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低位株の関連情報