コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低位株 ていいかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

低位株

株価が市場全体の価格に比べ低い株式のこと。一般的には、1000株当たり500円以下の銘柄を指し、同100円以下の株を「超低位株」という。それぞれ50万円、10万円以下で購入できる。一方、2001年の商法改正で売買単位の変更が自由になり、少額の資金で株式を購入できるようになった。1株当たり純資産額5万円以上の規制が撤廃され、1単元(最低株式単位)の株数を発行会社が任意に決めることが可能となり、単位株の引き下げが相次ぎ、最低購入単位が50万円以下で購入できる銘柄が増えた。これらは低金額で購入できるが、「低位株」ではない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていい‐かぶ〔テイヰ‐〕【低位株】

株価水準の低い株。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていいかぶ【低位株】

相場全体の水準からみて、価格の低い株。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

低位株の関連キーワード売買単価平均株価売買高

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android