コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低圧低酸素下生活・平地トレーニング ていあつていさんそかせいかつへいちとれーにんぐ living high training low

1件 の用語解説(低圧低酸素下生活・平地トレーニングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

低圧低酸素下生活・平地トレーニング

平地に低圧・低酸素環境施設を造り、その中で生活しながら、トレーニングを平地の通常の環境下で十分量こなす方法。マラソン選手などはスタミナアップのために低圧・低酸素の環境である高地でのトレーニングが有効であるが、低圧・低酸素下ではトレーニング量を増やすことが困難、その克服方法として提案された。国立スポーツ科学センターには、低酸素トレーニング室が設備されている。

(鈴木正成 早稲田大学スポーツ科学学術院特任教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低圧低酸素下生活・平地トレーニングの関連キーワード航空医学高山病寒造り高圧酸素療法低酸素症平地家造り低酸素低酸素血低酸素血症

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone