低圧低酸素下生活・平地トレーニング(読み)ていあつていさんそかせいかつへいちとれーにんぐ(英語表記)living high training low

知恵蔵の解説

低圧低酸素下生活・平地トレーニング

平地低圧低酸素環境施設を造り、その中で生活しながら、トレーニングを平地の通常の環境下で十分量こなす方法。マラソン選手などはスタミナアップのために低圧・低酸素の環境である高地でのトレーニングが有効であるが、低圧・低酸素下ではトレーニング量を増やすことが困難、その克服方法として提案された。国立スポーツ科学センターには、低酸素トレーニング室が設備されている。

(鈴木正成 早稲田大学スポーツ科学学術院特任教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android