住宅金融公庫融資住宅等火災保険特約(読み)ジュウタクキンユウコウコユウシジュウタクトウカサイホケントクヤク

デジタル大辞泉の解説

じゅうたくきんゆうこうこゆうしじゅうたくとうかさいほけん‐とくやく〔ヂユウタクキンユウコウコユウシヂユウタクトウクワサイホケン‐〕【住宅金融公庫融資住宅等火災保険特約】

住宅金融公庫(今の住宅金融支援機構)が融資を行う際に債務者に対して加入を義務付ける火災保険の特約。火災保険の保険金請求権に質権を設定させることによって債権保全を図るもの。現在は住宅金融支援機構に引き継がれ、住宅金融支援機構特約火災保険となっている。
[補説]他の公的融資機関でも同様の特約がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

住宅金融公庫融資住宅等火災保険特約

住宅金融公庫が融資を行う場合には、債務者に対して建物に火災保険を契約することを義務づけ、その火災保険の保険金請求権に質権を設定させることによって債権保全が図られることになります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android