融資(読み)ゆうし

精選版 日本国語大辞典 「融資」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐し【融資】

〘名〙 資金融通すること。また、その資金。
弔花(1935)〈豊田三郎〉「百二十万円の融資をなして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「融資」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐し【融資】

[名](スル)資金を融通すること。「無担保融資する」
[類語]出資投資投下貸す貸し出す用立てる貸し切る貸し付ける貸し渋り貸与貸し付け金融融通又貸し転貸賃貸前貸し貸し金貸し切りローンレンタルリース

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「融資」の意味・わかりやすい解説

融資
ゆうし

資金を必要とする者に対して資金を融通することで、貸出とほぼ同じ意味に用いられる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「融資」の意味・わかりやすい解説

融資 (ゆうし)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の融資の言及

【貸出し】より

…貸出しは,貸出しの5原則(安全性,収益性,流動性,公共性,成長性)に沿い,取引先の実態を十分に審査したうえで,実行される。
[手形貸付け]
 借用証書の代りに,貸出先が銀行を受取人として振り出す約束手形を見合いにして融資する貸付形式のことで,手形割引とともに銀行の最も基本的な融資形式である。貸付金は,支払期日までの利子を額面金額から差し引いて渡される。…

※「融資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android