佐々木 武夫(読み)ササキ タケオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

佐々木 武夫
ササキ タケオ


職業
活動弁士

別名
芸名=東条 秀声

出生地
北海道 小樽市

経歴
大正15年から昭和12年まで、札幌松竹座などで弁士として活躍。その後、映画配給会社で営業マンを務めたが、定年後の55年から、映画ファンの要望もあって再び活弁の世界に。昭和63年3月、札幌サンプラザで上演した「滝の白糸」が最後の舞台となった。札幌映画サークル名誉会員で、札幌無声映画研究会会長も務めた。

没年月日
平成1年 1月28日 (1989年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報