コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小樽市 おたる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小樽〔市〕
おたる

北海道西部,石狩湾に面する市。 1922年市制。 40年高島町と朝里村,58年塩谷村を編入。地名の由来はアイヌ語のオタルナイ (砂の多い沢の意) 。古くは手宮と呼ばれ,松前藩領の漁場として繁栄。明治2 (1869) 年小樽と改称。同年札幌に開拓使がおかれると小樽はその連絡港となり,1880年札幌との間に鉄道が開通。札幌の外港の役割にとどまらず,石狩炭田の石炭の積出港,物資の集散地として北海道海の玄関口となった。第2次世界大戦後は,苫小牧,室蘭などの港の発展に比べ,停滞ぎみであったが,1950~73年の間に埠頭や漁港の増設が行われて,日本海岸における重要港湾の地位を保っている。雑穀,原木,石油,鉄鋼などを扱い,港湾地区には製材のほか飼料,合板,化学肥料,製缶,ゴム製品,清酒,菓子,水産加工などの工場が立地。市街は海岸段丘上にあり,「坂の町」といわれる。山手に小樽商科大学があり,旭展望台や天狗山からの港の眺望は有名。手宮洞窟,忍路 (おしょろ) 環状列石は史跡に指定されている。南東部に朝里川温泉がある。水族館がある祝津海岸から高島,オタモイ,塩谷,忍路へは変化に富んだ海岸の景勝地が続き,一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。 JR函館本線,国道5号線,393号線が通る。面積 243.83km2。人口 12万1924(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おたる‐し〔をたる‐〕【小樽市】

小樽

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小樽市の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

小樽市の関連情報