コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条 とうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東条
とうじょう

兵庫県中南部,加東市南東部の旧町域。加古川の支流東条川流域にある。 1955年中東条村と上東条村が合体して東条町成立。 2006年町,滝野町の2町と合体して加東市となった。古くから灘清酒の酒米釣り針鯉幟 (こいのぼり) の産地として知られる。 1951年の東条湖 (鴨川ダム) の建造,1974年の中国縦貫自動車道の開通を機に,ゴルフ場その他の休養地が建設された。東条湖は湖上八景などの景勝地をもち,清水東条湖立杭県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうじょう【東条】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東条
とうじょう

兵庫県南東部、加東(かとう)郡にあった旧町名(東条町(ちょう))。現在は加東市の南東部を占める一地区。旧東条町は1955年(昭和30)中東条、上東条の2村が合併、町制施行して成立。2006年(平成18)滝野(たきの)、社(やしろ)の2町と合併して市制施行、加東市となる。国道372号が通じ、中国自動車道ひょうご東条インターチェンジがある。加古川の支流東条川沿いの肥沃(ひよく)な沖積地は、灘(なだ)五郷の酒米山田錦(にしき)の産地。農家の副業として発達した釣り針と鯉幟(こいのぼり)の生産で知られる。とくに釣り針は釣りブームにのって生産が急増し、旧町域の生産量は全国生産の約5割に達している。中国自動車道の開通で阪神都市圏に含まれる。北部の人造湖東条湖は県立自然公園に指定され、その周辺は別荘地やゴルフ場などの開発が進んでいる。[二木敏篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東条の関連キーワード愛知県西尾市吉良町駮馬仮面ライダールパン花笠文京(初代)A級戦犯と合祀東条産山田錦翼賛政治会玉の緒繰分鏡忍坊日暁大東亜会議嶋田繁太郎方言区画論とうじょう妙玄寺義門東条一堂石原莞爾活語指南活語雑話東条景信東条内閣安西景春

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東条の関連情報