佐々木晴洲(読み)ささき せいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木晴洲 ささき-せいしゅう

1803-1856 江戸時代後期の画家。
享和3年生まれ。大坂の人。中井藍江(らんこう)とその弟子鎌田巌松(がんしょう)にまなび,山水・人物・花鳥画を得意とした。安政3年3月10日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android