コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中井藍江 なかい らんこう

美術人名辞典の解説

中井藍江

江戸後期の画家。大坂の人。別号に師古、字は伯養・子養・養三、俗称は養清。初め蔀関月に学び山水人物を能くした。また雪舟・李竜眠・牧谿の画や四条派の写生を取り入れた。中井竹山に詩文を学び、蒹葭堂とも交流した。『播磨名所図会』『かわころもの記』等の著書がある。文政13年(1830)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井藍江 なかい-らんこう

1766-1830 江戸時代後期の画家。
明和3年生まれ。大坂の人。蔀(しとみ)関月に師事する。四条派の流れをくみ,山水,人物を得意とした。中井竹山(ちくざん)に詩文をまなび,茶の湯をよくした。文政13年7月23日死去。65歳。名は直。字(あざな)は伯養。通称は養蔵。別号に師古。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone