中井藍江(読み)なかい らんこう

美術人名辞典の解説

中井藍江

江戸後期の画家。大坂の人。別号に師古、字は伯養・子養・養三、俗称は養清。初め蔀関月に学び山水人物を能くした。また雪舟・李竜眠・牧谿の画や四条派の写生を取り入れた。中井竹山詩文を学び、蒹葭堂とも交流した。『播磨名所図会』『かわころもの記』等の著書がある。文政13年(1830)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井藍江 なかい-らんこう

1766-1830 江戸時代後期の画家。
明和3年生まれ。大坂の人。蔀(しとみ)関月に師事する。四条派の流れをくみ,山水,人物を得意とした。中井竹山(ちくざん)に詩文をまなび,茶の湯をよくした。文政13年7月23日死去。65歳。名は直。字(あざな)は伯養。通称は養蔵。別号に師古。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android