佐々木正子(読み)ささき まさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木正子 ささき-まさこ

1950- 昭和後期-平成時代の日本画家,美術研究家。
昭和25年12月5日生まれ。日本画の描画技法や古典描法を研究し,日本や欧米各地で作品展や講演をおこなう。昭和62年から文部省特別推進研究で日本画の技法解析研究を担当。平成11年夫の丞平(じょうへい)とともに「円山応挙研究」で学士院賞初の夫婦共同受賞。17年神奈川県出身。東京芸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android