コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木義清 ささき よしきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木義清 ささき-よしきよ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
佐々木秀義の子。佐々木盛綱,高綱の弟。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝が挙兵したとき,石橋山の戦いで平家方としてたたかう。のち鎌倉幕府につかえ,隠岐(おき)(島根県)守護となり,隠岐守(かみ),出雲(いずもの)守をつとめた。通称は五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐々木義清の言及

【出雲国】より

…承久の乱後の新補地頭では,伊北氏(福田荘・猪布(いう)荘・飯野荘・大西荘),江戸氏(安田荘),諏訪部氏(三刀屋(みとや)郷),中沢氏(淀本(よどほん)荘),松田氏(安来(やすき)荘)等が確認されるにすぎないが,実際にはもっと多かったと思われる。 承久の乱後佐々木義清が出雲国守護に任じられ,南北朝の一時期山名氏に取って代わられたとはいえ,中世末期に至るまでの近江佐々木氏による出雲国支配の端緒がここに開かれた。守護佐々木氏による出雲国支配は,義清の子泰清とその子頼泰の代に飛躍的な発展を遂げた。…

※「佐々木義清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐々木義清の関連キーワード佐々木泰清佐々木政義佐々木秀義鎌倉時代月山城隠岐国出雲国

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android