コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木義清 ささき よしきよ

1件 の用語解説(佐々木義清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木義清 ささき-よしきよ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
佐々木秀義の子。佐々木盛綱,高綱の弟。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝が挙兵したとき,石橋山の戦いで平家方としてたたかう。のち鎌倉幕府につかえ,隠岐(おき)(島根県)守護となり,隠岐守(かみ),出雲(いずもの)守をつとめた。通称は五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の佐々木義清の言及

【出雲国】より

…承久の乱後の新補地頭では,伊北氏(福田荘・猪布(いう)荘・飯野荘・大西荘),江戸氏(安田荘),諏訪部氏(三刀屋(みとや)郷),中沢氏(淀本(よどほん)荘),松田氏(安来(やすき)荘)等が確認されるにすぎないが,実際にはもっと多かったと思われる。 承久の乱後佐々木義清が出雲国守護に任じられ,南北朝の一時期山名氏に取って代わられたとはいえ,中世末期に至るまでの近江佐々木氏による出雲国支配の端緒がここに開かれた。守護佐々木氏による出雲国支配は,義清の子泰清とその子頼泰の代に飛躍的な発展を遂げた。…

※「佐々木義清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐々木義清の関連キーワード岡部忠澄草野永平佐々木善住俊海薗田成重本田次郎前野重純正恒(2)毛呂季光頼円(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone