コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯丹経手 さえきの にふて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯丹経手 さえきの-にふて

?-? 6世紀末ごろの武人。
用明天皇が死去(587)し,物部守屋(もののべの-もりや)が穴穂部(あなほべの)皇子を天皇に擁立しようとしたとき,蘇我馬子(そがの-うまこ)の命をうけて皇子を殺害した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例