佐伯古比奈(読み)さえきの こひな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯古比奈 さえきの-こひな

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の変で取り調べをうけ反乱計画を自白。賀茂角足(かもの-つのたり)が坂上苅田麻呂(さかのうえの-かりたまろ)らをまねいて酒宴をひらき,反乱のときにまにあわないようにさせようとしたことなどを白状した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android