コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀茂角足 かもの つのたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀茂角足 かもの-つのたり

?-757 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)15年(743)外従五位下。天平勝宝(しょうほう)元年紫微中台(しびちゅうだい)の設置にともない左兵衛率(さひょうえのかみ)で紫微大忠をかね,紫微令(れい)(長官)藤原仲麻呂の側近となる。9年正五位上にすすんだが,遠江守(とおとうみのかみ)にうつされた直後,仲麻呂打倒をくわだてた橘(たちばなの)奈良麻呂の変で捕らえられ,同年7月4日拷問(ごうもん)下に死去した。氏は鴨ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賀茂角足の言及

【橘奈良麻呂の変】より

…しかし密告があいつぎ,とくに7月2日の上道斐太都(かみつみちのひだつ)の密告によって,仲麻呂は機先を制して一党を逮捕した。すぐさま訊問が行われ,黄文(きぶみ)王,道祖王,大伴古麻呂,小野東人,多治比犢養(たじひのこうしかい),賀茂角足らの中心人物は拷問によって杖下に死し,安宿(あすかべ)王大伴古慈斐(こじひ)その他多数が流罪に処された。奈良麻呂の消息は《続日本紀》にはみえないが,やはり殺されたのであろう。…

※「賀茂角足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

賀茂角足の関連キーワード佐伯古比奈道嶋嶋足奈良時代官吏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android