コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上苅田麻呂 さかのうえのかりたまろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂上苅田麻呂
さかのうえのかりたまろ

[生]神亀5(728)
[没]延暦5(786).1.7.
奈良時代の武臣。田村麻呂の父。藤原仲麻呂の乱の武功と弓削道鏡告発の功により重用され,延暦4 (785) 年従三位,左京大夫となる。 (→坂上氏 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上苅田麻呂 さかのうえの-かりたまろ

728-786 奈良時代の武人。
神亀(じんき)5年生まれ。坂上犬養(いぬかい)の子。坂上田村麻呂の父。藤原仲麻呂の乱で功をたて,中衛(ちゅうえの)少将,陸奥(むつ)鎮守将軍などを歴任する。延暦(えんりゃく)元年氷上川継(ひかみの-かわつぐ)の謀反に連座して右衛士督(うえじのかみ)を解任されるが,まもなく復帰。4年左京大夫(だいぶ)をかね,さらに越前(えちぜんの)守もかねた。従三位。延暦5年1月7日死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかのうえのかりたまろ【坂上苅田麻呂】

728‐786(神亀5‐延暦5)
奈良後期・平安初頭の武将。倭(東)漢(やまとのあや)氏の一族であるが,苅田麻呂の代,その宗家となり,同族が直(あたい)―連(むらじ)―忌寸(いみき)―宿禰(すくね)と改姓していくなかで,この宗族坂上氏だけは,大忌寸―大宿禰を称し,苅田麻呂―田村麻呂の代に全盛期を迎えた。苅田麻呂は大和守,造東大寺司長官犬養の子。田村麻呂の父。坂上氏は代々将種をうたわれた家柄で,757年(天平宝字1)の橘奈良麻呂の変において,すでに朝廷軍事力の中核として,牡鹿(道嶋)嶋足らとともに,彼の名があげられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の坂上苅田麻呂の言及

【坂上氏】より

…日本古代の氏族。渡来系氏族の東漢氏(やまとのあやうじ)(倭漢氏とも書く)から分かれた多数の枝氏族の一つ。東漢氏は,応神天皇の時代に阿知使主(あちのおみ)に率いられて日本に渡来してきたという伝承をもち,5世紀ころよりヤマト朝廷の文筆,財務,外交にたずさわるとともに,あとから渡来してきた手工業技術者などを支配下におさめて急速に成長した氏族であるが,その後分裂をくりかえし,60以上の枝氏族に分かれたという。…

※「坂上苅田麻呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂上苅田麻呂の関連キーワード安積親王大伴郎女守部大隅ポスター義淵・義渕遣渤海使定員純減と配置転換住民検診記録の共同調査可愛岳

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone