コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐用都比売命 さよつひめのみこと

2件 の用語解説(佐用都比売命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐用都比売命 さよつひめのみこと

「播磨(はりま)国風土記」にみえる神。
兄の伊和大神(いわのおおかみ)と国の占有をめぐってあらそったとき,鹿の血をもちいて稲の苗を一夜でそだて,兄神に勝ったという。農業の女神とされる。また播磨(兵庫県)佐用郡の名はこの神に由来するという。別名に玉津日女命(たまつひめのみこと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐用都比売命

播磨国風土記』に登場する神。伊和大神の妹に当たり,別名は玉津日女命。昔,伊和大神と玉津日女命の兄妹が国の占有を争ったとき,妹が鹿の腹を割いてその血を用いて稲を蒔いたところ,一夜にして苗が生えたので,兄は「五月夜に植えたな」といって別地へ去った。それで,そこを五月夜郡と呼び,妹の神を賛用都比売命と呼ぶようになった,という地名起源説話が讃容郡の条の冒頭にみえる。この説話の背景については,穀物の種を動物の血に漬けて豊作を願う呪術を反映するものだとみる説,殺された大宜都比売あるいは保食神の死体から五穀その他の有用物が生じたという,『古事記『日本書紀』にみえる農耕起源神話系統的につながるものだとみる説などがあるが,後者の考え方が妥当だろう。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐用都比売命の関連キーワード出雲国風土記古風土記播磨風土記肥前風土記常陸風土記豊後風土記飯盛大刀自伊和大神兄太加奈志播磨稲日大郎姫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone