コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体空観 たいくうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体空観
たいくうかん

仏教用語。人間存在をはじめすべての物質的精神的事象 (諸法) をその構成要素にまで分析して,そこに実体的存在性がないことを証明する析空観 (しゃっくうかん) に対して,諸法を分析するのではなく,そのまま幻のごとくであり,空であると観じる方法。大乗仏教の空観とされる。この体空観のたとえとしては,幻のほか,陽炎,水月,虚空,響 (やまびこ) ,犍闥婆城 (蜃気楼) ,夢,影,鏡中像,化などが用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone