体空観(読み)たいくうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体空観
たいくうかん

仏教用語。人間存在をはじめすべての物質的精神的事象 (諸法) をその構成要素にまで分析して,そこに実体的存在性がないことを証明する析空観 (しゃっくうかん) に対して,諸法を分析するのではなく,そのまま幻のごとくであり,空であると観じる方法。大乗仏教空観とされる。この体空観のたとえとしては,幻のほか,陽炎,水月,虚空,響 (やまびこ) ,犍闥婆城 (蜃気楼) ,夢,影,鏡中像,化などが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android